【動画あり】RunKeeper アップデート : バグ修正で別なバグが… [アプリアップデート情報]

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

2015/04/14 に、Android の RunKeepr アプリがアップデートされました。バグ修正アップデートですが、新たなバグを発見したので、動画を作成してみました。

アップデートにより、バージョンが v5.3.5 → v5.4.1 になります。

※ その他の RunKeeper レビューの記事等はこちらから → tag : RunKeeper


Screenshot
Google Play

スポンサーリンク
スポンサーリンク

更新内容

Google Play より。※今回のバージョンアップ以外の内容も含んでいるかも知れません。

新機能

バグの修正と操作の改善

バグの修正ですが、以前のレビュー時に気づいたバグが修正されていました。しかし、その影響で新たなバグが発生していることに気づきました。

修正されたバグ

こちらの記事で、プライマリディスプレイを「速度」に設定した際、以下のようなバグがあることを指摘しました。

アクティビティの履歴一覧で、数値は速度なのに単位が「分/km」というペースの単位になる。(速度なら「km/時」)

それは修正されていて、以下のように、「km/時」と表示されるようになっています。

RunKeeper 履歴一覧 速度表示

新たなバグ

プライマリディスプレイを「Pace」に設定している際に、以下のようなバグが新たに発生していることを発見しました。

  • 履歴一覧で、「分/km」と表示されていたのが、スクロールしていると全て単位だけ「km/時」に変わる。
  • 履歴一覧で、一部のアクティビティが、速度表示になっている (数値も単位も)。
  • 履歴詳細で、一部のアクティビティが、速度で表示される。

分かりにくいかと思いますので、動画を録画してみました。良かったら見てみて下さい。

何だか、バグ修正のはずが、かえってややこしいバグができてしまったようで・・・。

データがおかしくなっているわけではなく、表示の問題だと思うので、開発チームが頑張って直してくれるのを待ちたいと思います!

RunKeeper 関連記事一覧

今回は以上です。


スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です