Strava アップデート : 写真を投稿できるように、区間表示変更 [アプリアップデート情報]

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

2015/03/23 に、Android の Strava アプリがアップデートされましたので、新機能を調査しました。

アップデート後のバージョンは v4.4.0 です。

※ その他の Strava レビューの記事等はこちらから → tag : Strava

スポンサーリンク
スポンサーリンク

更新内容

Google Play より。※今回のバージョンアップ以外の内容も含んでいるかも知れません。

新機能

Strava で写真の共有や進歩の確認がさらに簡単にできるようになりました。
Strava フォト: アドベンチャーを共有しよう
● トレイルやサイクリングコースで写真を撮影。
● お気に入りのショットを直接 Strava のアクティビティにアップロード。
リーダーボードの新フィルタと新機能の区間タイム
● 「最近の結果」画面で、区間ごとに記録の軌跡を表示。
● 年齢および体重によるフィルタ機能を追加(プレミアムメンバー)。

新機能 : 写真の共有

写真の共有は、アクティビティ完了時とアクティビティ編集にて、写真を設定できるようになったようです。

Screenshot Strava Activity完了時  Screenshot Strava Activity編集時

画像1枚目がアクティビティ完了時、画像2枚目がアクティビティ編集時のものです。

以下が、バージョンアップ前の画面です。(アクティビティ完了時)

Screenshot Strava Activity完了時 (バージョンアップ前)

Facebook や Private アイコンもフラットっぽいものに変わっているようです。

心なしか背景色も白いクリーンな感じに少しなっている気がします。

新機能を利用してみた

早速、試してみました。写真は複数枚設定できるようです。(画像1枚目)

設定した写真1枚目のサムネイルが、アクティビティ詳細の右の方に表示されます。(画像2枚目)

タップすると、画像が見れます。ゴミ箱アイコンから削除もできます。複数設定していれば、下部に「◯●」のように表示され、スワイプで切り替えられます。(画像3枚目)

Screenshot Strava 写真を設定  Screenshot Strava 写真設定後のActivity  Screenshot 写真詳細

また、設定すると、アクティビティフィード一覧の方にも表示されます。

Screenshot Activity一覧

新機能 : 区間の表示 (機能変更)

区間の表示が新しくなり、スッキリした画面になりました。

Screenshot 区間表示  Screenshot 区間表示

バージョンアップ前は、以下のような画面でした。

Screenshot 区間表示(バージョンアップ前)

順位表示であるリーダーボードが、全体/今年/フォロー中などで分けて表示されます。

結果、負荷分析が画面下部のタブではなく、テキストメニューになったので、分かりやすいですね。

Screenshot 区間 - 結果  Screenshot 区間 - 負荷分析

リーダーボードは以下のような表示です。

Screenshot 区間 - リーダーボード

プレミアムになれば、体重クラス別にフィルタリングもできます。(バージョンアップ前から可能)

バージョンアップで、区間表示画面最下部に自分の体重クラスが表示されますので、スクリーンショット撮る方は注意しましょう(笑)。

写真の投稿ができるようになったのは、これからの季節ちょうど良いですね。ランニングやサイクリングの途中で見かけた桜の写真を投稿したりしたいです。

今回は以上です。


スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です