アプリの同時起動は限界がありますね・・・。

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

雑談です。

フィットネス系アプリ9個を無謀にも同時利用しようとしたところ、

うまくいかなかったので、ご報告です。

イメージ

利用したアプリ

これまで、主に使っていたのは、以下の4つを使っていました。

他にもちょいちょい耳にするアプリもあるので、試してみようかと思い、以下をインストールしました。

全部同時に使ってみようとしたが…

そして、ウォーキングの際に、全9個で記録をしてみようとしましたが…

無理でした。

まず、全てを On / Off するのが大変!

それだけで5分以上かかります。しかも、段々と端末の動きが鈍くなってくる…。

そこまでは予想済みで、メモリ3GB ある Xperia Z2 なら頑張ってくれるだろう、と思っていたのですが、

どうにもならない問題も発生しました。それは、

GPS データが取得できないアプリが出てくる!

というものでした。

確か5個~6個くらいスタートさせた状態で、Nike+ Running をスタートさせようとしたところ、

GPS を ON にして下さい、とメッセージが出ました。アレ?と思いつつも少したったら大丈夫そうだったので、

次に miCoach をスタートさせようとしました。

しかし、GPSを取得中のところで止まってしまい、スタートできない!

仕方ないので、念のため持っていた別端末の方でスタートさせ、無事スタートできました。

おそらく、GPS のデータをアプリ同士が奪い合っている状態かと思います。

あんまりたくさんのルート記録するようなアプリを同時利用しようとすると、

あぶれちゃう子が出ちゃうんですね…。

まぁ10個近くも同時利用なんて、さすがに出来なくても無理はないですね。

音声フィードバックも大変なことになりました。

いくつかは1分毎のトリガーで設定していたので、

あちこちで何か言ってて何言ってるか分からない…。

本格的に利用する時には、音声フィードバックを利用するアプリを

絞って他をオフにしないとダメですね。

その後…他にも問題が!

ウォーキングを終わってから見てみると、

Nike+ Running のルート情報が殆ど取れていませんでした…。

3kmほどのはずが0.35kmだったり、4.5kmほどのはずが、1.63km …。

Nike+ Running は、どうやらバックグラウンドが少し弱いようです。

他のいつもの4アプリ等は、バックグラウンドにしていても、

ちゃんとルート取れていたので、Nike+ Running のアプリの問題かなーと思っています。

Nike+ Running 使う人は、同時にあまり色々利用しながらは避けた方が良さそうです。

後日、改めて検証やらレビューやらしていきたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です