フィットネスアプリレビュー #1-3. Runtastic [6]-[8] 設定、他サービス連携、その他機能

この記事を読むのに必要な時間は約 9 分です。

フィットネスアプリの比較です。
今回は、Runtastic 第3回として、[6] 設定 と、 [7] 他サービス連携と、 [8] その他機能 とについて見ていきます。

Screenshot

Android app on Google Play iOS app on iTunes Store

[toggle heading=”h3″ title=”フィットネスアプリレビュー 前提”]

当サイトのフィットネスアプリの記事は、全て以下が前提となっています。

  1. 原則 free 版の Android アプリでのレビューです。 iPhone アプリでも、おそらくあまり変わらない内容だろうとは思います。
  2. ウォーキングでアプリを利用しています。
  3. アプリやサービスの動作、機能は全て投稿時点のものであり、アップデートにより変わる可能性があります。

[/toggle]

Runtastic の他記事については、こちらよりご覧下さい。

今回は、[6] 設定 と、[7] 他サービス連携 と、 [8] その他機能 とについて、見ていきます。

#2015/03/11  Smart Watch 2 と接続してみた記事を追加しました。良かったらそちらもお読み下さい。


スポンサーリンク
スポンサーリンク

[6] 設定

Runtastic の設定は、左側から出るメニューからアクセスできます。

設定画面は以下のようになっています。

ScreenShot  ScreenShot

・個人設定

「ユーザープロフィール」と、「単位」とがあります。

「ユーザープロフィール」では、以下の項目が編集可能です。
氏名 / 性別 / 国 / 身長 / 体重

体重はユーザープロフィールから随時更新していく感じのようです。
なお、体重更新時には、連携設定をしていると、 myfitnesspal、Google Fit 辺りに更新をかけていると思われます。

「単位」は、kg なのか ポンド なのか等の国ごとで使う単位が違うところの設定です。最初に一度設定すれば更新の必要はなさそうです。

・好きなアクティビティ

ちょっと日本語がわかりづらいですが、アクティビティ中の機能を設定できます。

「ボイスコーチ」は、アクティビティ中のボイスコーチ機能に関して、結構細かく設定可能です。
ボイスコーチの On/Off 、音量、言語 (日本語もあります)・性別、間隔、読み上げ内容などなど…
ただし、[pro] 版でないと、アクティビティ中最後までボイスコーチしてくれないようですので、ご注意を。

「ライブトラッキング」では、声援を受ける On/Off 、SNSでシェア On/Off が選べます。声援を受ける On にして声援を受けると、履歴や統計に反映されそうです。

「自動一時停止」 は [pro] 版のみの機能になってしまいます。ウォーキングだと [pro] 版でも自動一時停止不可かも知れません。

「画面はオンのまま」 On にすると、アクティビティ中に端末ロックにならないようにしてくれそうです。でもその分電池は消費するかと思います。

・接続

活動量計、心拍計、スマートウォッチ等のハードウェア接続の設定、および、次の他サービス連携で扱う、他サービスとの接続の設定が行えます。

ScreenShot

「Runtastic Orbit」は、Runtastic ブランドの活動量計のようです。

「心拍数」は、Runtastic ブランドの心拍モニター (胸巻式) の他、Bluetooth での接続可能な心拍計、および 5.3kHzのイヤホンジャックに挿す式の心拍計とも連動可能なようです。
ただし、実際に記録可能なのは [pro] 版のみになりそうですので、ご注意下さい。

[7] 他サービス連携

Runtastic での他サービス連携として、以下のサービスとの連携があります。

  1. MyFitnessPal (フィットネス系)
  2. Google Fit (フィットネス系)
  3. Google + (ソーシャル系)
  4. Facebook (ソーシャル系)
  5. Twitter (ソーシャル系)

連携の設定は、設定メニューから行います。

ScreenShot

「パートナーアカウント」からは、フィットネス系の設定が可能です。
「ソーシャルシェアリング」からは、ソーシャル系の設定が可能です。

ScreenShot  ScreenShot

・MyFitnessPal

MyFitnessPal との連携は、MyFitnessPal のダイアリーにアクティビティの種類、時間、消費カロリー等が記録されます。

ScreenShot

また、未確認ですが、Runtastic のマイプロフィールから体重を更新すると、 MyFitnessPal の体重も更新されるようです。

・Google Fit

Google Fit との連携では、実施したアクティビティの種類、時間、距離、歩数、カロリー、場所等が記録されます。

ScreenShot

ただし、時間やカロリーは Runtastic 上の記録と一致していません。
Runtastic: 1h45m13s  /  7.16km  /  566kcal
Google Fit: 1h45m22s  /  8.39km  /  672kcal

Google Fit 側で検出・算出した数値を優先しているのかも知れません。

・Facebook

アクティビティ完了後に Facebook へ投稿すると、以下のように投稿されます。
残念ながら、 Facebook のフィットネスには集計されないようです。

ScreenShot

・Twitter

アクティビティ完了後に Twitter へ投稿すると、以下のように投稿されます。
日本語で投稿してくれるのは、他のフィットネスアプリにないポイントになります。

ScreenShot

[8] その他機能

  1. [pro] ルートの設定
    ルートの作成は [free] でもサイトから可能です。アクティビティ記録時に設定できないので、あまり意味ないですが…
  2. [pro] 心拍モニターへの接続

・トレーニングプラン

トレーニングプランは、メニューから呼び出すことが可能です。

Screenshot  ScreenShot

それぞれの目的に合わせてプランを選びます。GOLDメンバーだと無料のようですが、そうでない場合はプラン毎に購入します。大体1つ¥2,000以上等するようで結構高いです…。

プランの内容は、専門のトレーナーが考えたもののようで、減量の場合で22週かけたプランなど、無理なく(従えば)確実に効果を発揮する内容になっていそうです。

・ストーリーラン

ストーリーランは、架空のストーリーに従って、アクティビティを行うんだ、という動機付けの一種のようです。また、それぞれのストーリーに合った音楽が提供されているようで、音楽をダウンロードしておくことで、アクティビティ中にストーリーに合わせた音楽を聞きながら運動できるようです。

各ストーリーはほぼ有料で、1つ ¥100 ほどでの購入が必要です。GOLDメンバーなら無料のようです。
なお、最下部に 1つだけ無料のものもありますので、初めはそれを試してみるのが良いかと思います。

ScreenShot  ScreenShot

最下部の無料のものを選択すると、以下のような画面になります。Download ボタンをタップすると音楽がダウンロードできます。

ScreenShot

音楽をダウンロードしたら、アクティビティ設定の画面(記録開始時に上から下へスワイプ) から、音楽として設定できます。

ScreenShot

詳細は試してみたら更新します。


Runtastic 第3回は以上です。

Runtastic の他記事については、こちらよりご覧下さい。


アプリダウンロード:
Android app on Google Play iOS app on iTunes Store


スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です