徹底レビュー!Doly (6) ビューワー :: 評価・全体像

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。


アップデートを見守っていたこともあったため(?)、大分時間があきましたが、Doly レビューの続編を投稿したいと思います。

今回から電子書籍の一番重要となるビューワー機能について、何回かに分けて見ていきたいと思います。

今回は、Doly レビュー第6回として、ビューワー機能の全体像や評価を紹介したいと思います。

Doly 関連記事はこちら → tag: Doly 



スポンサーリンク
スポンサーリンク

1. Doly の「ビューワー」機能の良いとこ、悪いとこ

最初に使った感想をまとめておきます。

1-1. 良いとこ

  1. 単純に読むだけなら、ひと通りの機能は具えています。 (良いとこだろうか?)
  2. 音量キーでページめくりを行うことが可能です。 → 「ページ表示」参照
  3. 読了後に、次の巻を提案してくれます。 → 「ページ表示」参照
  4. 表示するフォントを選ぶことができます。 → 「ページ表示」参照
  5. しおりを6色から選べます。(各色 1件しか登録できません)

1-2. 悪いとこ

  1. 移動バーへアクセスするには、操作が多くて気軽に利用できません。1タップでアクセスしたいです。
  2. フルスクリーンモード固定で、時間などを確認しながら読むことができません。設定で変更できるようにして欲しいです。
  3. しおりが 6個までしか登録できません。無制限にしおり登録できるようにして欲しいです。
  4. マーカーを付けた箇所を解除するには、操作が多くてやや面倒です。

1-3. 総評

使いやすいとは言いがたいところはありますが、使えないレベルではないかと思いますので、総評としては「及第点」という表現になるかと思います。

アップデートは鋭意取り組んでいるようですので、細かい機能が徐々に改善されて、使いやすくなってくれれば良いなぁ、と思います。

それよりは、全体的な動作として、読込などの待ち時間がちょいちょい発生して、サクサクな動作とは言えない点を改善して欲しいです。

2. ビューワー機能の全体像

ビューワー機能は以下の機能からできています。それぞれの詳細は、個別の記事で紹介したいと思います。

なお、各機能は読んでいる書籍の種類として、画像系の本か、テキスト系の本かによって、利用可能 / 利用不可が分かれます。代表例として、画像系の本はコミック、テキスト系の本は小説、実用書が挙げられます。それぞれでの機能利用可否も載せておきます。

No.機能コミック小説詳細記事
1ページ表示Doly レビュー (7)
2しおり未投稿
3マーカー×未投稿
4辞書連携×未投稿
5本文検索×未投稿
6同期未投稿
7その他未投稿

コミック等の画像書籍では、「本文」がない (画像になっている) ため、テキストを選択してどうこうする機能は利用できません。 (どの電子書籍アプリでも同様です)

2-1. ページ表示

電子書籍のページを表示する機能、表示方法を切り替える機能です。

縦/横 画面回転、文字の大きさ、画像の拡大/縮小、明るさ設定、ページ送りなどがあります。

詳細記事はこちら → 徹底レビュー!Doly (7) ビューワー :: ページ表示

2-2. しおり

電子書籍のページに、しおりを登録したり、しおりを呼び出す機能です。

Doly では、しおりは 1書籍あたり 6個までしか登録できません!

2-3. マーカー

電子書籍の本文中にマーカーを引いて登録したり、登録したマーカーの箇所を呼び出す機能です。

Doly では、マーカー色を 8色から選べますマーカーは登録数の制限なく登録することができます。

コミックなどの画像書籍では利用できません。

2-4. 辞書連携

本文中の単語で意味を知らない単語などを、web 検索して調べることができます。ただし、20文字までしか連携できない、という制限があります。

著作権保護のためだと思われます。

2-5. 本文検索

本文を任意の文字列で検索することができます。本文の一部を選択して検索することもできます。

2-6. 同期

書籍内のどのページまで読んだか、等を同期する機能です。

2-7. その他

「ストアで続きを検索」、「音量調整」などの機能を取り上げたいと思います。

詳細は別記事が投稿されるのを楽しみに待っていただけると嬉しいです。

Doly 関連記事はこちら → tag: Doly 

今回は以上です。


スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です