マップマイランは Apple Watch に対応します!どんな機能か分析してみました!【画像あり】

この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。


MapMyFitness 系アプリの中では、マップマイラン のみが Apple Watch に対応します。どんな機能になっているか、公式画像を元に分析してみました。

Apple Watch - MapMyRun

その他の Apple Watch 記事はこちらから → tag : Apple Watch 


スポンサーリンク
スポンサーリンク

Apple Watch 対応 現時点の調査結果まとめ

マップマイラン の Apple Watch 対応として、以下の機能が盛り込まれていることが言えそうです。

  • アクティビティ記録開始指示ができる
  • アクティビティの種類を変更できる。少なくとも以下から選べる。
    • ランニング
    • サイクリング
    • ウォーキング
  • アクティビティ記録中に、以下の項目を確認可能である。1画面1項目で大きく表示される。
    • タイム、距離、消費カロリー

App Store の Apple Watch 用スクリーンショット

App Store には、以下画像が掲載されています。

App Store の Apple Watch 用スクリーンショットを見る方法は、こちらの記事をご覧下さい。

→ Apple Watch アプリで、各アプリの Apple Watch 動作スクリーンショットが確認できるようになりました!

MapMyRun Apple Watch 01  MapMyRun Apple Watch 02  MapMyRun Apple Watch 03  MapMyRun Apple Watch 04  MapMyRun Apple Watch 05

この画像を元に、マップマイラン の Apple Watch 対応を分析してみたいと思います。

スクリーンショットから分かる、マップマイランの Apple Watch 対応

App Store のスクリーンショットを元に、機能を分析してみたいと思います。

画像 1枚目 の分析

MapMyRun Apple Watch 01

こちらの画像は、アクティビティをスタートする時の画面だと思われます。

大きい三角アイコンをタップすれば、アクティビティを開始できそうです。

「tap to edit」とあるので、「RUNNING」の部分をタップすると、他のアクティビティ種類に切り替えられると予想できます。

画像 2枚目 の分析

MapMyRun Apple Watch 02

こちらの画像では、以下の内容が表示されています。

  • 「Choose an Activity」 → アクティビティ種類を選びたまえ。
  • 「Cycling」「Running」「Walking」 → 選択可能なアクティビティ

1枚目の画像で、「RUNNING」をタップして、アクティビティの種類を選ぶ画面のようです。

選べるアクティビティの種類が、iPhone 本体のアプリより少ないですが、下の方にスクロールすればたくさん出てくるのかも知れません。

左上の「Cancel」をタップすると、1枚目の画面に戻ると思います。

画像 3枚目 の分析

MapMyRun Apple Watch 03

こちらの画像では、以下の内容が表示されています。

  • 「DURATION」 → 継続時間
  • 「9:47 min」 → 9分47秒

この画面は、アクティビティ記録中の画面だと言えそうです。

また、画面下部のインジケーターが 4つ中の1番目になっていることから、アクティビティ記録中の1番目の画面であることが分かります。

画像 4枚目 の分析

MapMyRun Apple Watch 04

こちらの画像では、以下の内容が表示されています。

  • 「DISTANCE」 → 距離
  • 「0.07 mi」 → 0.07マイル

この画面は、アクティビティ記録中の2番目の画面であると思われます。

画像 5枚目 の分析

MapMyRun Apple Watch 05

こちらの画像では、以下の内容が表示されています。

  • 「CALORIES」 → 消費カロリー
  • 「0 kcal」 → 0キロカロリー

この画面は、アクティビティ記録中の3番目の画面であると思われます。

残念ながら、アクティビティ記録中の4番目の画面は、スクリーンショットが掲載されていません。おそらくは、ペースか速度か心拍数が表示されていると思われます。

まとめ

他の Apple Watch 対応のフィットネスアプリに比べて、アクティビティ記録中の表示が、1項目1画面というのは、特徴的です。

メリットとしては、ひと目で把握しやすいことでしょう。また、老眼の方には、大きな表示は嬉しいことと思います。

デメリットとしては、2項目以上確認するには、画面を操作しなければならず、サイクリングなどであれば、ちょっと危険が伴いそうです。

ただの妄想ですが、1画面1項目 ⇔ 1画面複数項目 が、設定で選べたりしたら、とても便利ですね!

どのアプリでも言えることですが。

あとは、Apple Watch での心拍数計測に対応しているのか、というのが気になります…。

その他の Apple Watch 記事はこちらから → tag : Apple Watch 

今回は以上です。


スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です