Windows 10 で Genymotion が何度起動させてもエラーになってしまう場合の対処法

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。


Windows 10 で Genymotion 動作に関する記事の続編です。

以前の記事で、Windows 10 + VirtualBox 5.0.0 + Genymotion v2.5.3 の環境で、1マシンずつであれば、Genymotion が動作することをご紹介しました。

その後、とあることを試したら、その後エラーで起動できない状態が続きました

エラー回避することができたので、その対処法をご紹介したいと思います。

Virtual Box 5

スポンサーリンク
スポンサーリンク

マシン環境

私のマシン環境は、以下のような構成です。

VirtualBoxv5.0.0
Genymotionv2.5.3

結論

ゾンビ状態で残ってしまっていた 「VirtualBox Interface」と「VBoxHeadless.exe」のプロセスを、タスクマネージャーから終了させたところ、無事起動できるようになりました。

ゾンビプロセス停止の手順

  1. VirtualBox、Genymotion をすべて閉じる
    終了させる前に、VirtualBox ( の全てのマシン )、Genymotion をすべて終了させましょう。正常に動いているプロセスと、ゾンビプロセスとが区別つかなくなってしまいますので。
  2. タスクマネージャーを開く
    タスクバーを右クリックして、「タスク マネージャー」を選ぶと起動します。
  3. タスクマネージャーを詳細表示にする
    以下のような簡易表示になっている場合、「詳細(D)」をクリックして、詳細表示に切り替えましょう。
    タスクマネージャー 簡易表示
  4. VBoxHeadless.exe」「VirtualBox Interface」を選択し、右下「タスクの終了」をクリック
    「名前」のところをクリックしてソートしておくと探しやすいかと思います。タスクマネージャー
    この画面は、マシン起動中のためか、たくさんありますが、ゾンビ化していたのは、それぞれ 1 つでした。複数残っていれば、全て終了したらよいかと思います。
  5. Genymotion から、再度マシンを起動させる。

エラー発生のきっかけ

そういえば、と思い、2マシン同時起動させて動いたりしないかな、と思って、1マシン起動中に、もう 1つ起動させてみたのです。

結果として、起動済みの 1マシンは固まり、2マシン目はエラーで起動せず、でした。

そして、その後再びどのマシンを起動させようとしてもエラーになるようになってしまいました。

VirtualBox も Genymotion もバージョンは変わらずなので、動作も変わりませんでしたね。Windows Update でいくつか更新が入ったようでしたのでひょっとして、と思いましたが関係ありませんでした。

VirtualBox v5.0.2 で、Genymotion 複数起動ができるようになりました。詳細は以下の記事をご覧ください。
Windows 10 VirtualBox v5.0.2 で Genymotion が複数マシンを起動できるようになりました


今回は以上です。


スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です