Windows 10 における Genymotion v2.5.3 の使い方

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。


Windows 10 で Genymotion 動作に関する記事の続編です。

色々と試したところ、制限つきではありますが、動作している状況です。

当記事では、動作する条件やら状況やらをお伝えしたいと思います。

今回は画面ショットはありません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

マシン環境

私のマシン環境は、以下のような構成です。

マザーボード ASUS P8Z68-V/GEN 3
CPU Intel Core i5-2500
Memory 16GB
ネットワーク1 Intel PRO/1000 GT Desktop Adapter (有効)
ネットワーク2 Intel 82579V Gigabit Network Connection (無効)
VirtualBox v5.0.0
Genymotion v2.5.3

現状のまとめ

Windows 10 + VirtualBox v5.0.0 における Genymotion v2.5.3 は、以下の条件で動作しています。

  • 仮想マシンは作りなおす
  • 仮想マシンは 1つずつ稼働させる (2つ以上同時起動させない)
  • 仮想マシンを起動させる度に、2回 権限確認のダイアログ (以下画面) が表示されて手間だが、我慢する
    sc0293_e

2015/08/18 追記:

VirtualBox v5.0.2 にバージョンアップすることで、2つ同時起動と、起動の度の権限確認ダイアログについては、解消するようになりました。
Windows 10 VirtualBox v5.0.2 で Genymotion が複数マシンを起動できるようになりました

Windows 10 Update より前に作成していたマシンが起動しないのは v5.0.2 でも変わらずです…

注意すること

1 つは、やはりネットワーク関係です。Genymotion では、仮想マシン 1つに対して、以下のようにネットワークを割り当てます。

  • ネットワーク1 : VirtualBox の ホストオンリーネットワーク
  • ネットワーク2 : VirtualBox の NAT
※ ホストオンリーネットワークや NAT 等の具体的な動作の仕方を理解する必要はありません。

この割り当ては、Genymotion から仮想マシンを起動する際に、毎回割り当てる動作のようです。そのため、仮想マシン起動時に、権限確認のポップアップが表示されるようです。

注意が必要なのは、この時に、既に起動している仮想マシンがあった場合に、稼働中マシンのネットワークが動かなくなる、という点です。そのため、同時に 2つ稼働させることはできません。

他にも、以下のタイミングでネットワーク操作が行われ、同様に稼働中の仮想マシンが動かなくなってしまいます … 。

  • Genymotion 管理ウィンドウ起動時
  • 新規マシン作成時

マシンが固まってしまった時は …

思わず、ネットワーク操作が動いてしまい、稼働中だったマシンが固まってしまった際は、おとなしく諦めましょう。

慌てずに、稼働していた仮想マシンを×ボタン等で閉じて、再度起動させなおせば、特に問題なく動作します。

過去に作成していたマシンは、やはり動作しません …

旧バージョンで作成していた仮想マシンは、やはり起動させようとしても、android の起動ロゴのまま先に進みません…。

ログなどは見ていないので、どういう状態かは分かりませんが、新しいマシンを作成しなおせば動作するので、気を取り直して、作成しなおしたマシンを使っていきたいと思います。

作成しなおしたマシン (Nexus 7 4.2.2) でも、ARM Translater や gapps をインストールすることで、Google Play に対応させたりできるようです。

とりあえず動くようにはなりました。


今回は以上です。


スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です