07/31 Xperia Z4 Tablet のアンバサダーミーティングに参加してきました [Xperia Z4 Tablet アンバサダーミーティングレポート (01)]

この記事を読むのに必要な時間は約 16 分です。


07/31 (金) に Xperia Z4 Tablet の Xperia アンバサダー ミーティングに参加しました。

こういったイベントへの参加は初めてで緊張しましたが、色々な話が聞けてとても楽しかったです。

当記事では、ミーティングの様子や聞いた話について、レポートしたいと思います。スライド写真が中心となり、結構な数になるため何回かに分けてレポートします。

今回は、レンタル品・食事、Xperia Z4 Tablet の開発 についてです。

モニターとして貸し出していただいた、Xperia Z4 Tablet については、別記事にて投稿します。

当記事はせっかくなので、Xperia Z4 Tablet から投稿しています。結構使えます!


スポンサーリンク
スポンサーリンク

レンタル品・食事

入場時、受け付けで渡してもらった、モニターレンタルの袋に入っていた中身はこんな感じです。

Xperia アンバサダー ミーティング レンタル品など

右上から、Xperia Z4 Tablet 本体 (私は docomo版でした)、下が Z4 Tablet 用キーボード BKB50、左真ん中辺りに充電器 (1個)、左下が SMART WATCH 3 です。他にプレゼント品として、扇子が入っていました。猛暑が続く日々にちょうどありがたかったです。

また、写真左上気味の辺りにある黄色い缶は、レッドブルの夏期限定品です。入り口でキャンペーンガールのお姉さんから渡されました。渡される時に、プルタブを開けて渡されるので、その場で飲むしかないという…。気合い入れて聞いていってね、ということですね。期間限定物が飲めるのはありがたいです。

今回のお食事は、ケンタッキーをご用意いただきました。個人的には、もうやんカレー大好きでちょっと期待していたのは内緒です。

Xperia アンバサダー ミーティング 今回の食事はケンタッキー

コールスローサラダと、箱1つ分のセットは 1人1個ずつ用意されていました。

Xperia アンバサダー ミーティング ケンタッキー2

箱の中身は、ラップサンド?と、骨無しチキンと、フィッシュフライが入っていました。ケンタッキーのフィッシュフライは、他の店のフィッシュフライと違ってとても美味しいので、おすすめです。

他に、テーブルシェアで、骨付きチキンのドラムバケット?と、新しい曲がったポテトが 1箱用意されていましたが、みんなお腹空いてないのか遠慮してなのか、手を付けていなかったです…。私も時間ギリギリに着いたこともあり、手を出す勇気もなく …。

タブレットを触るので、手が汚れないように、というケンタッキーさんの気遣いから、フィンガーナップディスペンサーというものが用意されていました。これは、日本では未導入なものだそうです。

Xperia アンバサダー ミーティング ケンタッキーが特別用意してくれた指袋

中には、薄い指袋が入っています。

Xperia アンバサダー ミーティング ケンタッキーが用意してくれた指袋2

このように、親指と人差し指に装着してつまめば、ケンタッキーさんのチキンでも、手を汚さずに食べられるという、ガジェット好きには便利な製品です。

Xperia アンバサダー ミーティング ケンタッキーが用意してくれた指袋3

ぜひ日本でも導入してほしいですね!

Xperia Z4 Tablet についてのスライド・説明

いよいよ、今日のメインコンテンツとなる Xperia Z4 Tablet の紹介が始まります。以降、「」内の文言は、スタッフから説明いただいた内容になりますが、私の理解によるものであり、厳密に正確ではありませんので、誤解が含まれる可能性がある点、ご容赦ください。

Xperia アンバサダー ミーティング 会場の様子

Xperia アンバサダー ミーティング スライド1

Xperia アンバサダー ミーティング スライド2

Xperia アンバサダー ミーティング スライド Xperia は Android シェア No.1

「Xperia は 2014年 Android スマートフォンシェア No.1 を達成しました。」

日本国内でのシェアのようです。世界シェアでの 1位 や、Android だけでなく iPhone 含めたスマホ全体のシェアも伸ばしていって欲しいです。

「2015年夏モデルのラインナップは、Xperia Z4、Xperia A4、Xperia Z4 Tablet の 3製品です。」

Xperia アンバサダー ミーティング スライド Xperia 2015夏 ラインナップXperia アンバサダー ミーティング スライド Xperia Z4 TabletXperia アンバサダー ミーティング スライド Xperia Z4 Tablet 特長

「Xperia Z4 Tablet の特長3つ。世界最薄・最軽量・防水。高解像度大画面ディスプレイと最新のパワフルなCPU 。専用キーボード・長持ちバッテリーでビジネス用途にも。」

Xperia Z4 Tablet の 開発 について

Xperia アンバサダー ミーティング スライド Xperia Z4 Tablet 開発についてXperia アンバサダー ミーティング スライド Xperia Z4 Tablet 開発スケジュール

「開発スケジュールについて。発売の1年以上前になる 2014/05 に企画開始。2014/06 ~ 設計。2014/10 ~ 試作・評価の繰り返し。2015/03 MWC 2015 にて発表。2015/05 ~ 量産開始で、2015/07 発売。」

企画は 1年以上前から行っているんですね。ということは、今頃には、2016夏 発売製品の企画は既に終わっているはず !? どんな企画が挙がっているか知りたいものですが、知らない方が楽しみに待てるかも知れません。

Xperia アンバサダー ミーティング スライド Xperia Z4 Tablet 開発コンセプト - Z2 Tablet では

「企画・設計開始時に、まず Xperia Z2 Tablet を振り返りました。Xperia Z2 Tablet は、お陰様で、数々の賞や好評をいただきました。」

「Xperia Z4 Tablet では、更に軽さを追求することになりました。」

Xperia アンバサダー ミーティング スライド Xperia Z4 Tablet 開発コンセプト 缶ジュース並 380g の重量 をターゲットに

「ターゲットとなる重さは、缶コーラ 1本分である 380g をターゲットとしました。」

Xperia アンバサダー ミーティング スライド Xperia Z4 Tablet 開発コンセプト スタミナは最長フライトである17時間の動画視聴を可能に

「スタミナのターゲットとしては、世界中の航路の中で 1フライトとして最長となる、ヨハネスブルグ・アトランタ間の 17 時間、動画視聴し続けられることをターゲットとしました。」

重量も、スタミナも分かりやすいターゲットですね。なるほど、と思いました。

Xperia アンバサダー ミーティング スライド Xperia Z4 Tablet 開発コンセプト Work Smart with Xperia Tablet

「3 つ目のコンセプトとして、”Work Smart with Xperia Tablet” ビジネスも Xperia Tablet でスマートに、となりました。」

BYOD (bring your own device) 等が謳われる昨今、ビジネスにも使えるタブレットがあれば、便利ですね。何より、最薄・最軽量が活用できます。

Xperia アンバサダー ミーティング スライド Xperia Z4 Tablet 開発工程の実際

「実際の開発工程の写真です。色々なテストなどを行っています。」

Xperia アンバサダー ミーティング スライド Xperia Z4 Tablet MWC 2015 で発表!大好評!

「2015/03 に MWC 2015 で発表。非常に好感触。他に有力なタブレットの発表が無かったこともあり、タブレット関連の賞は、ほぼ受賞できました。」

Xperia アンバサダー ミーティング スライド Xperia Z4 Tablet 量産工程

「量産工程の実際の写真。人が行うプロセスや、機械化するプロセスなど、どちらが適しているかによって使い分けています。」

Xperia アンバサダー ミーティング スライド Xperia Z4 Tablet いよいよ発売!

「2015/06 より Wi-Fi版から発売開始」

Xperia Z4 Tablet のメカニズムについて

Xperia アンバサダー ミーティング スライド Xperia Z4 Tablet メカニクスについてXperia アンバサダー ミーティング スライド Xperia Z4 Tablet 10.1インチタブレットで世界最薄・最軽量

「Xperia Z4 Tablet は、Xperia Z2 Tablet よりも、ベゼルを左右30%、上下17%も削減しました。軽量化も 393g を達成しました。さらに、世界最薄 6.1mm も達成しました。」

これまで、Xperia Tablet は、ベゼル幅は結構大きいな、という印象を持っていて、タブレットの大画面だと仕方ないのかな、と思っていました。開発陣も、そこはしゃーないべー、とか考えているんだろうなぁ、なんて(勝手に)思っていました。でもそんなことはなかったんですね。

ベゼルが小さくなるのは、見た目も格好よくなりますし、外寸がコンパクトになれば、持ち出そうという気になりますもの。

薄型化も、6.1 mm まで薄くなっているとは驚愕でした!

薄型化に力を入れたな~と思っていた Xperia Z4 でも厚さ 6.9mm です。Z2 Tablet で既に 6.4mm を達成していたわけですが、そこまで薄いということに気づいていませんでした。

何より、ベゼルを小さくしながら薄型化も実現しているのは凄いですね。小型化したと思ったら、分厚くなってる機種なんてのは(スマホでは)ざらにある話ですから。

Xperia アンバサダー ミーティング スライド Xperia Z4 Tablet Xperia Z Tablet シリーズは毎回世界最薄・最軽量を更新してきました

「これまでの Xperia Tablet Z → Xperia Z2 Tablet → Xperia Z4 Tablet という流れで、毎回、当時の世界最薄・最軽量を更新してきました。」

Xperia アンバサダー ミーティング スライド : Xperia Tablet Z から Xperia Z2 Tablet への軽量化技術

「Xperia Tablet Z で、家を建てる際のツーバイフォー工法のように、柱ではなく面で強度を確保して薄く軽量にするコアフレームレス構造を採用しました。Xperia Z2 Tablet では、さらに押し進めて、インサート成形という手法により、底面と側面を一体化することで、さらに薄型化・軽量化が図られました。」

Xperia アンバサダー ミーティング スライド : Xperia Z4 Tablet ではさらなる軽量化を目指したい!

「Xperia Z4 Tablet で(軽量化に関して)実現したかったことは何か。それは、手にとって実感として軽いと感じる程の軽量化です。重量感の確認のため、10 インチサイズの重さの異なる板を用意して手に取ってみた結果、10 インチクラスで感覚として軽いと感じるのは 400g 以下であることが分かりました。」

確かに、実際の重量と、持ってみて感じる重量感は別だと思います。同じ 1kg でも、大きい物の 1kg と、小さい物の 1kg とでは、小さい物の方が詰まってて、重いと感じます。

数値上の軽量化も大変ではありますが、それだけだと開発者の自己満足にもなりかねません。ユーザーの実際の感覚まで焦点を当てて考えているところは、素敵な姿勢だな、と思い結構グッときました。

Xperia アンバサダー ミーティング スライド : Xperia Z4 Tablet で実現したかったこと さらにコンパクトに!

「Xperia Z4 Tablet で実現したかったこととして、フットプリント (多分外寸と同じような意味) を持ちにくくならない程度に小さくし、それにより軽量化を図ることです。」

写真で並べると、Xperia Z2 Tablet から Xperia Z4 Tablet で確かに小型化しています。全体サイズで見ると、やや小型化という感じですが、ベゼルに注目すると、結構切り詰めて小型化したことが分かります。

ちなみに、Xperia Tablet Z → Xperia Z2 Tablet では、フットプリントは変わっていないそうです。厚みは薄型化しています。

Xperia Z4 Tablet で進化した点の 1つであり、Z2 Tablet より Z4 Tablet を選ぶ理由の 1 つになりますね。

Xperia アンバサダー ミーティング スライド : Xperia Z4 Tablet では、Z2 Tablet の経験を活かして更なるコンパクト化を実現!

「Xperia Z4 Tablet では、Xperia Z2 Tablet の経験を活かして、部品形状を最適化し、compact化を進めました。Xperia Z2 Tablet 開発時点では、検証不足で出来なかったところまで踏み込むことが出来ました。」

開発経験により、よりよい製品をつくることができるわけですね。実験・試作だけでなく、製品化して世に出すことで得られるフィードバックが、次の製品開発につながるとは、当たり前の話ではありますが、なんだか実感を持ってというか、改めてなんだか感動しました。今後もつくりつづけて欲しいな、とつくずく思います。

Xperia アンバサダー ミーティング スライド : Xperia Z4 Tablet を薄型化するため、アンテナジャックの強度もキャップレス防水も開発者の血と汗と涙でできています!

「Xperia Z4 Tablet で配慮した点として、1 つは、イヤホンジャックです。薄型化の中で、イヤホンジャックは大きな穴ですが、ステンレスフレームで覆うことで耐衝撃性を高めています。また、キャップレス防水を実現するためにも、配線をちょっと斜めに曲げるなど細かいこだわりがあります。配線はまっすぐな方が当然つくりやすいため、機械屋と一晩揉めつつ押し通したなんてエピソードもあります。」

Xperia アンバサダー ミーティング スライド : Xperia Z4 Tablet では強度確保のためバッテリー形状も見直しています

「Xperia Z4 Tablet では、バッテリーの形状も見直しました。バッテリーは 2 つのセルから出来ていますが、Z2 Tablet では、真ん中に配線などが配置され、2つに分かれるような形状でした。Z4 Tablet は配線などをバッテリーの上部に移動させ、横に並べて 1枚の板のような形状にすることで、本体剛性を向上させるつくりになっています。」

Xperia Z4 Tablet を分解したものが展示されていましたが、バッテリーやディスプレイを外すと、本当に薄く、ねじると思ったより簡単に変形します。それを防ぐために、横長の板にすることで、余計な構造物を増やさず、剛性を高めることができるわけですね。

以下に分解してあったバッテリーの写真を掲載します。

まずは Xperia Z4 Tablet のバッテリーから。横に 2つのセルを並べて横長の板のような形状になっています。ちなみに、とても薄いです。

Xperia アンバサダー ミーティング : 分解写真 : Xperia Z4 Tablet バッテリー : 2つのセルを並べて1枚の板のように

Xperia Z2 Tablet の分解写真です。写真中央の銅色配線の下で 2つに分かれています。

Xperia アンバサダー ミーティング : 分解写真 : Xperia Z2 Tablet バッテリー : 2つのセルの間に配線などがあって分かれている

レポートは次の記事に続きます。


今回は以上です。


スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です