Sony Xperia Z4発表! Z3, Z2 とスペック徹底比較!

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

2015/04/20 Sony の新製品発表会にて、Xperia Z4 が発表されました!

Z3 との画像比較などは、大手のメディアで載っていますので、ここではスペックの徹底比較を行いたいと思います。

pic01_b

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Xperia Z3 からのスペック変更点まとめ

スペックを比較した結果、主な変更点は、以下の通りです。

  1. が 73mm → 71.9mm に、 1.1mm (2%) スリムになった。
  2. 厚さが 7.4mm → 6.9mm に、 0.5mm (6%) 薄くなった。
  3. 重さが 152g → 144g に、8g (5%) 軽く なった。
  4. 電池容量が 3100mAh → 2930mAh に、170mAh (5%) 減ってしまった
  5. 連続通話時間は、810分 → 1020分 に、210分 (26%) 延びた
  6. CPU は 32bit → 64bit に対応するようになった。
  7. CPU は 4コア (2.5GHz x4) → 8コア (2.0GHz x4 + 1.5GHz x4) になった。
  8. 最大通信速度 (下り) が、150Mbps → 300Mbps になった。
  9. Bluetooth が 4.0対応 → 4.1対応 になった。
  10. 前面カメラが 220万画素 → 550万画素 になった。
  11. 前面カメラ広角25mmレンズ になった。
  12. ハイレゾ音源対応として、 96kHz/24bit → 192kHz/24bit に対応した。
  13. LDAC コーデックに対応した。

スペック比較

管理人は、Xperia Z2 をメイン機として利用中ですので、Z2 も含めて比較してみました。

機種名Xperia Z4Xperia Z3Xperia Z2
高さ146mm147mm147mm
71.9mm73mm73mm
厚み6.9mm7.4mm8.2mm
質量144g152g163g
OSAndroid 5.0.2Android 4.4.4 (発売時)
Android 5.0.2 (最新)
Android 4.4.2 (発売時)
Android 5.0.2 (最新)
チップセットQualcomm
MSM8994
Qualcomm
MSM8974AC
Qualcomm
MSM8974AB
CPUSnapdragon 810
64bit 対応 8コア (2.0GHz x4 + 1.5GHz x4)
Snapdragon 801 32bit 4コア (2.5GHz x4)Snapdragon 801 32bit 4コア (2.3GHz x4)
メモリ RAM3GB3GB3GB
メモリ ROM32GB32GB32GB
ディスプレイ約5.2inch フルHD (1080x1920)約5.2inch フルHD (1080x1920)約5.2inch フルHD (1080x1920)
電池容量2930mAh3100mAh3200mAh
連続通話時間
3G
1020分810分930分
SIMカードサイズnano-SIMnano-SIMmicro-SIM
無線LAN802.11 a/b/g/n/ac (4x4 MIMO対応)802.11 a/b/g/n/ac802.11 a/b/g/n/ac
Bluetooth4.14.04.0
背面カメラ2070万画素
裏面照射Exmor RS for mobile
2070万画素
裏面照射 Exmor RS for mobile
2070万画素
裏面照射 Exmor RS for mobile
背面カメラ
焦点距離
広角25mm
F値 2.0
広角25mm
F値 2.0
広角25mm
F値 2.0
前面カメラ510万画素 広角25mm
手ぶれ補正
220万画素
手ぶれ補正
220万画素
手ぶれ補正
防水IPX5/IPX8IPX5/8IPX5/8
防塵IP6XIP6XIP5X
最大通信速度下り : 300Mbps
上り : 50Mbps
LTE Cat.6
下り : 150Mbps
上り : 50Mbps
下り : 150Mbps
上り : 50Mbps
ハイレゾ音源対応192kHz/24bit
LDAC対応
96kHz/24bit + 対応ヘッドホン要DAC
DSEE HX
(非ハイレゾ音源のアップスケーリング機能)
対応対応×
デジタルノイズキャンセリング対応対応対応
micro SD対応 (~128GB)対応 (~128GB)対応 (~128GB)

所感

デザイン

形は相変わらずで、変わらないですね…。そろそろ次のデザインに進んで欲しいと思っています。

薄型化、軽量化は結構毎回頑張っているんですね。できれば、薄さよりも、縦の長さをちょっぴり抑えてもらえた方が、持ちやすくなって助かります。

性能

今回は、チップセット・CPU が変わり、64bit化しています

4コア → 8コア に変化していますが、この変化は、パワーより省電力に貢献していることでしょう。

最大周波数は 2.5GHz → 2.0GHz になりますが、64bit 化のおかげで、性能としては向上していると思います。

通信周り

LTE Cat.6 に対応し、最大通信速度 (下り) 300Mbps になっていますが、どうせそんなスピード出ないのであまり重視していません。

Bluetooth 4.1 対応というのが、少し気になりましたが、活用した製品は発売されてなく、まだ時間がかかりそうですので、あまり気にしなくて良さそうです。

Bluetooth 4.1 では何ができるかというと、以下のようなことができる規格のようです。(参考 : engadget )

  • 対応製品が、Bluetooth ハブとして他の機器と連携し、ひとまとめにしたデータをスマホに送る
  • スマホをルーター代わりに、Bluetooth 機器がインターネットにアクセスする (「IoT モノのインターネット」)

Bluetooth 4.1 は、4.0 対応機器であれば、ソフトウェアアップデートで対応可能なので、旧機種でも今後対応する可能性があります。

カメラ

フロントカメラ機能が大きく向上しているので、自撮りをよくする人には、良い機種になっているかと思います。ただし、最近ではフロントカメラに 1300万画素カメラを HTC Desire EYE 等も出ているので、もうちょっと頑張って欲しかったなぁ、という気持ちです。

電池容量が小さくなっていますが、通話時間が延びているのは、以下2点の力だろうと思います。

  • オクタ (8) コア での処理の分担などによる省電力化
  • OS である Android 5.0 Lollipop の省電力性能向上のおかげもあるかと思います。

端子

スペックではないですが、マグネット充電端子の廃止はとても残念です。Xperia Z2 でマグネット充電端子を利用しています。USB の挿抜故障の心配がなくて有用でした。

ただ、micro USB端子のキャップレス防水に対応したのはとてもグッジョブ!です。Xperia Z2 では、キャップがたまに取れてしまうので、いつか失くなるだろうと心配しながら使っています。キャップレスなら、( 挿抜回数による故障さえ除けば ) マグネット充電端子が無くても、手間の面では問題はなさそうです。

全体

全体的には、細かい改善は真面目にやっているな、と思います。ただ、やっぱり今回も大きな変化はないなぁ、というところです。

とはいえ、大きな問題もなさそうかと思います。

管理人が現在使用している Xperia Z2 は SIM フリーモデルで 16GB しか内蔵容量がありません。アプリの入れすぎで、いつも「残りすくないよ!」というメッセージが出てしまっています…。

チャンスがあれば Xperia Z4 で 32GB 以上のモデルを手に入れたいな、とは思います。

公式プレスリリースはこちら

今回は以上です。


スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です