Apple Watch アップデートで サードパーティアプリに開放される機能まとめ! [watchOS 2] [WWDC2015速報]

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

現在、Apple の WWDC2015 で Keynote 講演中です。

今秋リリース予定である、Apple Watch 用 watchOS のアップデートでの変更点の速報です。

Apple Watch

スポンサーリンク
スポンサーリンク

サードパーティアプリから、これまで制限されていた様々な機能が利用できるようになります

現時点で把握しているのは、以下の通りです。他にもあれば追記します。

  • HealthKit : 心拍センサーにアクセス可能になります。
  • Watch Face : Apple Watch の待ち受け画面
  • Taptic Engine : Apple Watch が手首をノックするようにユーザーに通知する機能
  • Digital Crown : クルクル回す竜頭
  • HomeKit : 家電コントロール機能 要対応機器
  • ビデオやオーディオ

Apple Watch 単体での Wi-Fi 接続も可能となることから、やっとサードパーティアプリも本気を出せるようになり、魅力的になっていくことと思います!

今回は以上です。


スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です