Apple Watch アップデートで Apple Watch 単体で Wi-Fi へ接続し、アプリが動作するようになります! [watchOS 2] [WWDC2015速報]

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

現在、Apple の WWDC2015 で Keynote 講演中です。

Apple Watch 用 watchOS のアップデートでの変更点の速報です。アップデートは今秋実施予定になります。

Apple Watch

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Apple Watch 単体で Wi-Fi へ接続し、アプリが利用できるようになります

watchOS 2 のリリースにより、これまでは iPhone とペアリング中でないとほとんどの機能を利用することができなかったところが、Apple Watch 単体で Wi-Fi へ接続し、アプリを利用することが可能になります。

利用例

WWDC2015 のデモでは、Apple Watch で、車のキーロックや、車の室温を予め設定してエアコンを動作させることで、車に乗り込む時には快適な車内温度で乗ることができる、というデモが行われていました。

おそらく、HomeKit という家電コントロール機能を利用したものかと思われますので、車側も HomeKit に対応している必要があります。

おそらく、外出中は iPhone も持ち歩いていることが多いでしょうから、むしろ家の中で iPhone を置いておけて便利になる、という感じかと思われます。

今回は以上です。


スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です