世界初 4K ディスプレイ搭載 Xperia Z5 シリーズ発表! スペック比較! Xperia Z5 Premium / Z5 / Z4

この記事を読むのに必要な時間は約 10 分です。

2015/09/02 に、IFA 2015 にて Xperia Z5、Xperia Z5 Premium、Xperia Z5 Compact の 3 機種が発表されました。

指紋認証4K ディスプレイ位相差 AF による高速 AF など、目玉となる新機能が盛り込まれています。最近大きな進化が無かった Xperia Z シリーズから、大きな一歩を踏み出した、という印象です。

当記事では、Xperia Z5 Premium、Xperia Z5 のディスプレイ以外の相違点、前モデルとの相違点を探ってみたいと思います。


Xperia Z5 Premium

Xperia Z5

スポンサーリンク
スポンサーリンク

スペック比較 Xperia Z5 Premium / Xperia Z5 / Xperia Z4

サイズ・外装など

機種名Xperia
Z5 Premium
Xperia
Z5
Xperia
Z4
カラー白系ホワイトホワイト
黒系ブラックグラファイトブラックブラック
金系ゴールドゴールド
クロームグリーンカッパー
アクアグリーン
高さ154.4mm146mm146mm
76mm72mm72mm
厚さ7.8mm7.3mm6.9mm
質量180g154g144g
ディス
プレイ
5.5インチ5.2インチ5.2インチ
4K UHDFull HDFull HD
3840×21601920×10801920×1080
SIMnano SIMnano SIMnano SIM
防水IPX5/IPX8IPX5/IPX8IPX5/IPX8
防塵IP6XIP6XIP6X

Xperia Z5 Premium は、サイズが大きくなっています。縦横の拡大は、画面が 5.2インチ → 5.5インチ と拡大していることが大きいかと思います。

厚みも大きくなっています。これは、どちらかと言うと Xperia Z4 が突き詰めすぎていた、とも言えるかと思います。

Xperia Z4 にて、薄型・軽量化路線としては完成したので、Z5 からは機能追加などへ舵を切ったところでしょう。

性能面

機種名Xperia
Z5 Premium
Xperia
Z5
Xperia
Z4
OSAndroid 5.1Android 5.1Android 5.0
CPUSnapdragon 810Snapdragon 810Snapdragon 810
64bit64bit64bit
8コア8コア8コア
2.0GHz x4+ 1.5GHz x42.0GHz x4+ 1.5GHz x42.0GHz x4+ 1.5GHz x4
RAM3GB3GB3GB
ROM32GB32GB32GB
micro SD対応
(~200GB)
対応
(~200GB)
対応
(~128GB)
電池容量3430mAh2900mAh2930mAh
連続通話
時間
(不明)約17時間 (3G)約13.5時間 (3G)
無線LAN802.11 a/b/g/n/ac802.11 a/b/g/n/ac802.11 a/b/g/n/ac
Bluetooth4.1 LE4.1 LE4.1 LE
LTE-Advanced
( LTE Cat.6 )

( LTE Cat.6 )

( LTE Cat.6 )

性能面については、大きな変化はありません。CPU は新しいものを搭載してくるかと思いましたが、変わりませんでした。

Snapdragon 810 は十分に高性能になっていますので、変えなくても大丈夫ということでしょう。気になるのは、4K でどの程度の性能が出るかという点と、熱問題への対処がどうなっているかという所です。

熱問題も、Z4 にもアップデートにより対処しつつあるようですので、問題ないという目処が立っているのでしょう。

バッテリーは、Xperia Z5 Premium で 20% 近く増量していますね。4K ディスプレイにより、消費電力も増えているため増やさないと大変な状態なのでしょう。これも厚み増加に影響しているかと思います。

カメラ・その他機能

機種名Xperia
Z5 Premium
Xperia
Z5
Xperia Z4
背面カメラ2300万画素
広角 24mm
F値 2.0
2300万画素
広角 24mm
F値 2.0
2070万画素
広角 25mm
F値 2.0
前面カメラ510万画素
広角 25mm
510万画素
広角 25mm
510万画素
広角 25mm
NFC
ハイレゾ
オーディオ
指紋認証×

位相差 AF が利用可能に

カメラ性能の目玉としては、0.03 秒という高速 AF です。これは、位相差 AF を利用した Hybrid AF による機能です。位相差 AF と、コントラスト AF とのハイブリッドということです。

ハイブリッド AF は、新型イメージセンサー による機能です。Xperia Z4 まで搭載してきたイメージセンサー IMX 220 から、新型に変えたことで、Xperia Z5 でも位相差 AF を利用できるようになりました。

新型イメージセンサーは、以前に発表済みの IMX230 (16MP) とも異なるようですので、おそらく Xperia Z5 シリーズ用に新しく開発したものだと思われます。

Clear Image Zoom

Xperia Z4 までと比べて、5倍 Clear Image Zoom という機能も追加されています。こちらは、X-Reality for mobile のような超解像技術を応用した技術のようです。通常ですと、デジタルズームは画質を大きく落としてしまいますが、超解像技術を応用することで、画質を (あまり) 落とさずにズームすることができるようです。

指紋認証

やはり今回の目玉の 1つは、指紋認証だと思います。

その上で気になるのは、認識精度です。某銀河製品の指紋認証は、ホームボタン上でスライドさせるタイプですが、認識精度はあまり高くなく、コツが必要です…。

Xperia Z5 シリーズでは、電源ボタンの所に指を置く操作になるようです。指をスライドさせたりしない分、多少コツが必要であっても置き方を覚えてしまえば、使えそうかと思います。

ひとこと

Xperia Z4 は、それまでの枠の中で、薄型化などやれることはやりきった、というところかと思います。おそらく、メーカーよりは docomo などキャリアの意向が強かったのでしょう。そのため、Xperia Z4 は海外では、Xperia Z3+ の名前になっていたのだろう、と思います。

イメージセンサーについても、Xperia Z4 発表のちょっと前に IMX230 が発表されたため、Xperia Z4 に搭載されるのでは、という噂も流れましたが、Xperia Z4 では、これまでと同じイメージセンサー IMX 220 でした。Xperia Z5 の新機能に盛り込むために見送ったのではないかと想像してしまいます。

個人的には、デザインについてもオムニバランスデザインから、次の世代のデザインに変わるのを楽しみにしていますが、まだそこまでは進まないようです。

日本発売の有無・時期などは今後のアナウンスとのことですが、どうなるでしょうか。シリーズが増えたことで、読みづらいところです。ドコモは一番が好きなイメージなので、Xperia Z5 Premium も含めて全機種発売しそうな気がします。Softbank は無難なところで Xperia Z5 のみな気がします。au が Xperia ZL2 のように、中間モデル的な ZL5 (2K) なんて独自モデルを出したらちょっと面白いですが、開発が大変なので無いでしょう。

何にせよ、Xperia Z4 のマンネリ感から脱却した、新しい Z5 に触れる日を楽しみにしたいと思います。


今回は以上です。


スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です